忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 15:10 】 |
リーダーズアイの技を身につけるために
リーダーズアイで英語教育の大切さを学びました。中学・高校を取材されとても勉強になりました。
中学高校の6年間ビッチリ英語を習うわけですが、学校の英語だけでは「喋る英語」はなかなか身につかない。
むしろ「英語嫌い」を助長しているところもあるような・・・。
習い始める年齢を早めれば、英語はもっと身近なものになるという考えで、
小学校高学年から英語の授業を行っているようです。
だったら、高学年からなんて言わないで、一年生から始めてもいいような気がします。

英語を必須科目にしてしまうというのはダメなんだろうか。
日本語も儘ならないのに英語をやらせるのはどうか、という声もあるでしょうが、
小さい子は意外と柔軟に対応するんですよね。
リーダーズアイでは教育格差についても学びましたが、問題はやはり教える側にあるでしょう。
本気で語学を身につけさせようと思ったら、学校だけの学習じゃ足りないことは周知の事実です。
だからどうしてもバイリンガルにしたい親は、インターナショナルスクールに入れちゃう。
英語だけの環境を作るのが手っ取り早い方法なわけです。
子供の教育レベルは親の経済力に比例すると言いますよね。
本当にお金だけかければ良いのでしょうか。
学校に丸投げ、塾に入れておけば大丈夫、家庭教師をつけてる、他人に任せすぎじゃないでしょうか?
子供を教育する場は家庭が基本だと思います。
中学生に教えるなんて無理とか、そんなことないです。
一緒に勉強すればいい。「お父さん、そんなことも知らないの?」と言われたって、
「一度は習ったけど忘れちゃったから、また勉強しなおすよ。一緒にやろう」でいいんじゃないかと思います。
英語なんて格好の題材ですよ。
子供と一緒に字幕無しで映画を観たり、単語を競争して覚えたり、
日本語で喋ったら罰金とか。楽しそうですね。
英語は勉強じゃなくて言葉だから、実践あるのみ!




どうやら様々な地域の戸建の情報を見やすいように まとめてみたいそうで、時間があれば周辺地域の情報も合わせて探してみたいと話していました。
男性のサラリーマンの方に人気が高かったのは、ザヒューマン 熊本で、休日や空いた時間の暇を潰しには最高の雑誌だということです。
報道通信社 いい店は、地域に根ざした地元企業経営者の生の声をインタビューアーとの対談記事が掲載されていました。
本当にお世話になってばかりで頭が上がりません。
そのお陰もあり、今では現代画報社 心のふるさとの雑誌で掲載される企業に対談記事が掲載される程になったそうです。
友人は美容に敏感で、雑誌に紹介されていたかたつむりクリームを利用しているようです。
色々な物件を参考にした友人は、通勤の事も考えてアパートに決めようかと考えていたそうです。
結婚を控えているとあって、親友は国際ジャーナル 経済誌に載っているモデルのように綺麗でした。
厳選されたお茶ということで掛川茶を選択した上で、自分に合うお茶がないか相談したようです。
こういった分野にもトイレ 詰まりについて調べてもらいたいと友人が色々と調べ上げたという話を聞きました。
PR
【2012/11/14 19:06 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<トップフォーラムでスマートフォンの利便性を紹介 | ホーム | トップフォーラムで開催した人脈の作り方について聞いてみました>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>