忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 02:47 】 |
国際通信社の雑誌 今こそはっきりとした方向性が欲しい
東アジアの外交において中国と首脳が年1回相互訪問する計画が行われています
が、実際のところ日本の首相が訪中する今年は、誰がいつ行けるのかす らわか
らない状況であると言えます。日本外交については、震災前から課題山積だった
と言えます。日米関係についても、民主党政権になってからの混 乱を正常な軌
道に戻す大事な局面だというのに、方向性が出てきません。これからも日本外交
ははっきりとした方向性を出せないのか気になります。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道国際通信社の取材
国際ジャーナルを求めて 国際通信社
PR
【2011/07/02 12:34 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<現代画報社の月刊誌 決め手となったあの攻撃とは? | ホーム | 現代画報社 熱中症で死亡者が・・・>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>