忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 12:03 】 |
現代画報社の現代画報の特集記事 ある女性が主人公になるドラマ
がんと戦いながら次女を出産して、24歳でなくなった北九州市の女性の本「いぬのおまわ
りさん」が、テレビドラマ化されることになったそうです。

6月9日には若松区にある公園で撮影が行われて、有名女優さんが「この女性の前向きな生
き方を見てもらいたい」と女性役を熱演したそうです。

今回のドラマでの主人公の女性は、現在1歳の次女を妊娠中の2008年2月、血液のがんと呼
ばれる悪性リンパ腫と診断されて入院したそうです。抗がん剤治療を続けながら同じ年の
6月に出産し、約5ヵ月後に亡くなったそうです。女性の母親が、生前につづったブログの
文章をまとめた本は、2009年7月に発売されて大きな反響を呼びました。

以前、雑誌「現代画報」で「出産」に関する記事が取り上げられていました。女性であれ
ば理解できると思いますが、自分の体にひとつの命が宿った時、何があっても自分の子供
を守ろう、自分の命に代えても子供には幸せになってもらおうと思うものです。
私も現在2人の子供を育てていますが、今回のドラマで主人公になった女性がどのような
思いで出産されたのか、少しは理解できるような気がします。発売された本は目にしてい
ないのですが、「何があっても産もう」と思われたのではないでしょうか。
できれば、子供の成長を自分の目で見たいとも思ったことでしょう。そのためであれば、
どんな辛い治療も頑張れたのでは・・・とも思うのです。
今回、紹介されたドラマが放送された時、涙なくては見れないでしょう。私はそう思いま
す。


trip.bulog.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ 企業家・経営者・士業者をつなぐ日本最大級の経営者の為のWebサイト!!異業種ネット!
PR
【2010/06/23 11:17 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<現代画報社の現代画報の特集記事 美しい町 | ホーム | 国際通信社グループの報道ニッポンの対談取材 受刑者と刑務官をブログで公開!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>