忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 15:18 】 |
ザヒューマンで読む最新記事 日本を救う新しい産業とは何か?
日本は最近中国に追い上げられていますが、経済大国としての実力
は、世界的にも評価されているのではないかと思います。戦後の日本は驚異的な
発展を遂げました。これはアメリカ人などから見ても驚きだったのではないかと
思います。国際ジャーナルでも、日本の経済的な発展の歴史観を分析してもらい
たいところです。ところが、最近の日本はどうでしょうか?社会的な問題が蔓延
しており、閉塞感のある社会ではないかと思います。世界からみた日本の今の姿
は「自分を失った日本」なのかもしれません。そのような意見もよく目にしま
す。例えばトヨタのリコール問題もその一つかもしれませんね。これは歴史を振
り返れば、今までもあったことかもしれません。ですから、これからの日本にお
いても、新しいチャンスがやってくる可能性もあります。もともと製造業で世界
的に発展してきた日本ですから、製造業が弱くなると不安になるのかもしれませ
んが、いまこそ新しい産業を育てていくのがとても重要ではないかと思います。
そのためには何が必要なのでしょうか。これについては、国際ジャーナルでも、
充分に検討した上で、新しい展望を見せてもらいたいところではないかと感じて
います。







「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル
PR
【2011/06/20 12:12 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ユーチューブと国際ジャーナル 国民の政治に対する怒り | ホーム | 国際通信社のネットのインタビュー記事 経済を深く知るために必要な知識について>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>