忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 15:16 】 |
国際ジャーナル・現代画報を確認 SPEEDIの未公表データが10件もあった!
経済産業省原子力安全保安院っですが、東京電力の福島第1原発事故を

受けた1、3号機の、3月12~14日に原子炉格納容器の圧力を下げる

ためにおこなうベント等において、仮に1ベクレルの放射性物質が放出

された場合の拡散範囲の計算結果である、「緊急時迅速放射能影響予測

システム(SPEEDI)」での試算結果、10件が未公表であることが

わかりました。



西山英彦審議官は、公表が遅れたことを謝罪していましたが、この情報は

とても重要な情報であり、遅れたから謝ればいいというような内容では

決してないと思います。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社
PR
【2011/06/22 11:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<報道通信社の雑誌とは 菅首相、自然エネルギー庁構想披露している時ですか? | ホーム | 報道ニッポン・報道通信社の取材とは 原発地下水からストロンチウム検出>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>