忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 15:25 】 |
報道ニッポン・報道通信社の取材とは 原発地下水からストロンチウム検出
東京電力福島第1原発敷地内で先月18日に採取した地下水から

放射性ストロンチウムを検出したと、

経済産業省原子力安全保安院が発表しました。

地下水からの検出は、はじめてだそう。



しかし取水口付近の海水からは、最大時国が規定した濃度限度の

240倍にも上るストロンチウムが検出されています。

もちろん、海に漏れ出た高濃度の汚染水が原因。

原子力安全保安院は、魚介類で大きな値にはならないと思うが、

注意深く監視する必要があると言ってますが、何を根拠に大きな

値にならないと言えるのかがわかりません。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年3月号のご案内 | 国際通信社
lovecall.cute.bz
PR
【2011/06/22 01:29 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル・現代画報を確認 SPEEDIの未公表データが10件もあった! | ホーム | ブラックホークとは?国際通信社 これから倒産が増えていく可能性について>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>