忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 12:01 】 |
国際通信社のネットのインタビュー記事 ピアノ
幼稚園から小学校6年生までピアノを習っていました。でも、最後はバイエルの上巻止まりで、冗談でも「ピアノが弾けます」とは言えません。ピアノのレッスンも大嫌いだったし。大人になってから、もう一度ピアノを習ってみたいと思えるようになり、もったいない事をしたとかなり後悔してます。。結構立派なカワイのアップライトピアノ。昔だってかなりな値段がしたでしょうから、親はがんばって買ってくれたんだなあと、自分が親になってから気づきました。ホント、高いよ~ ピアノ!まだ実家に置いてありますから、なんとかこっちに持ってこれないかと思うのですが、輸送費や調律だけで眩暈がしそうです。。それでも、弾きたい気持ちを募らせてしまう今日この頃。そんな折、国際ジャーナルに「生誕200年ショパンとシューマン」という記事を見つけて、ああ ショパンとか弾けるようになりたいと夢みたいなことを考えちゃいました。ショパンの曲は難しいのによく言うな自分。。優しい曲の多いシューマンよりも、激しさと美しさを湛えたショパンの方が好きです。日本人はショパン大好きですよね~。あの詩情あふれる旋律が日本人の感性に合っているんだなあ



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルで理解できる
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
PR
【2011/06/18 11:46 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナルの月刊誌 インターネット動画配信による新しい企業の動き | ホーム | フェイスブックで国際ジャーナル 警察官が大量採用中>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>