忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 02:32 】 |
国際通信社グループの国際ジャーナルから デザインに凝った入浴剤や石鹸
ここ最近スーパーに買い物へ行くと、デザインに凝った入浴剤や石鹸が目立つようになりました。
先日ある情報番組で紹介されていたのが、昔から人気のあるアイスクリームの形をした入浴剤で
した。パッケージには「ソーダ味」「バニラ味」「いちご味」と書かれていて、ぱっと見ると
本物のアイスクリームなのですが、よく見ると「入浴剤」と書かれてあるのです。
子供から大人まで楽しめる入浴剤が人気を集めているようです。

しかし、そういった人気がある商品で事故が起きたようなのです。デザインに凝った入浴剤や石鹸
を誤まって食べてしまい、体調を壊す事例が高齢者を中心に事故が起きていることがわかったのだそうです。
パッケージには「入浴剤」と書かれてあり、「これは食べ物ではありません」とも書かれているの
を見かけたのですが、そういった文字が目に入らずに「食品」と思って食べてしまったのでしょう
か。同センターがこうした商品を調べたところ、注意書きの文字が小さいなど、気付きにくいもの
があったようなのです。

ある県の90歳代男性は2008年12月、自宅にあった和菓子に似せた形の石鹸を誤まって食べてしまい、
唇が腫れたのだそうです。また、福岡県の70歳代女性は同じ2008年3月「お茶」と表示された入浴剤
を本物のお茶と間違って飲んでしまい、下痢の症状が出たそうです。
事例のうち、5件は70歳以上だったということなのです。

パッケージを見ると、食料品売り場で販売されているお菓子などと全く同じなのです。そういった
面白さが人気をよんでいるのでしょう。しかし、そういった商品は子供や若い人だけが使うものでは
ないでしょう。高齢者の人も使用することがあるかもしれません。そういった可能性があることを
発売元は理解して頂き、今後も人気を集める商品を作って頂きたいと思いました。




評判の取材先に行く国際ジャーナル
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法 現代画報は現代画報社から出版されています
PR
【2010/06/10 16:07 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際通信社グループの国際ジャーナルから 鳩山首相辞任の裏で・・・ | ホーム | 現代画報の特集記事 アイパッドの普及はコンテンツ次第?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>