忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 02:47 】 |
国際通信社グループの現代画報 無料?のオンラインゲーム
“無料”と謳ったオンラインゲームを利用したところ、高額な料金を請求されたという相談が国民生活センターに多数寄せられているそうだ。相談者の多くは中高生、もしくはその親たちだという。この無料ゲーム、実体験からいっても最初から最後まで一切無料というパターンはまずない。運営者もボランティアでない事は明白なので、当たり前といえば当たり前なのだが、ゲームを進める上で「もっとこうしたい」というポイントで必ずお金がかかるようになっていて、ユーザー心理を非常によく理解した仕組みだと思う。仕事の合間に短い時間でゲームを楽しむ社会人などならともかく、自由に使える時間が多い学生がゲームで遊んだ場合は「もっと」という場面が山程訪れるであろう。そこで携帯の通話料金請求時に一緒に支払うなど、その場で現金を必要としない料金システムであれば次第に金銭感覚が麻痺するのかもしれない。オンラインゲームについてはレアアイテムを入手する為に他人のIDを盗んだ中高生が逮捕されるなど、前々からトラブルを耳にする。自身の分身とも言うべきキャラクターが活躍するオンラインゲームは、ユーザーにとってさぞ楽しいものであるだろうし、現実のユーザーが地理上どこにいたとしてもWEBで一箇所に集える事は、オンラインならではの有益性であると思う。要は“適度”というものが重要なのだ。ゲーム運営サイドもこうしたトラブルが増えて規制が入る事は望むものではないだろうから、ユーザーが適切にゲームを楽しめるように工夫をしてもらいたいものだ。
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
報道ニッポンとの巡り合い 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
PR
【2010/06/07 11:51 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<報道通信社の報道ニッポンより これからはマウス不要がトレンドになる? | ホーム | 報道通信社の特別企画 小学生の視力低下>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>