忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 12:03 】 |
報道通信社の特別企画 小学生の視力低下
先日、ある記事がインターネット上に載っていました。それは、「小学生の視力」関する事でした。

視力が0.3に満たない小学生の割合が、2008年度より0.2ポイント増えて7.3パーセントに上り、
過去最多となったことが12月17日に、文部科学省が公表した「2009年度学校保健統計調査速報」で
分かったそうです。調査項目に加わった1979年度の2.7倍なのだそうです。
視力低下が止まらない現状が浮かんだのです。

視力低下の背景には、幼児期からのテレビゲーム、パソコンの影響があるとみられていて、文科省
は「目を酷使する機会が増えたのでは」と分析しています。
この速報によると「0.3未満」の児童の割合は、6年生が14.9パーセントで昨年度と比べて0.9ポイン
ト増えているそうです。また、4年生は8.4パーセントで同じく昨年度と比べて0.5ポイント増えてい
るということなのです。1年生は1.0パーセント、2年いは2.7パーセントで昨年度と同じ割合でした。

以前、雑誌「国際ジャーナル」で「今どきの子ども」というタイトルで記事が紹介されていたように
記憶しています。
私達が子供の頃に遊んでいた内容と、今の子供達が遊んでいる内容と全く違うのでしょうか。
私が時々見かけるのは、近所の公園で小学生くらいの子供4~5人が集まっているのを見かけます。
何をしているのかというと、自分のゲームを持ち寄って座って遊んでいるのです。公園で体を動かす
わけではなく、ゲームで遊んでいるのです。画面を顔に近づけて必死にボタンを押しています。
それが、目に負担をかけているのです。裸眼で物を見ることができるのは、とても大事なことです。
もっと、自分の目をいたわってやらなければなりません。




世界規模で禁煙の動き 国際通信社|国際ジャーナル
国際進のジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
PR
【2010/06/04 17:53 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際通信社グループの現代画報 無料?のオンラインゲーム | ホーム | 国際通信社グループの現代画報 白川郷>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>