忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 02:45 】 |
国際通信社グループの現代画報の対談取材 バナナの自動販売機
東京メトロ半蔵門線の東急田園都市線渋谷駅に直結するビルの地下に先日から
設置された「バナナ自動販売機」の話題が現在、インターネットや各メディア
などで広がりを見せているのだそうです。

東京の千代田区にある「ドール」が6月23日に設置したこの自動販売機。
庫内の温度を「バナナの保管に最適」な13度に設定しているほかに、商品購入
の際にバナナを傷つけないようにベルとコンベアで商品を移動、そして取り出し口
の床部に衝撃を吸収するマットなどを4重に敷いているといいます。
「その場で食べられる」「ゴミを散らかさない」ように、自販機の隣にはゴミ箱を
2つ用意しているそうです。最近、主流になっている「電子マネー」には非対応だ
ということです。

自販機で販売されているバナナの価格は1本130円。1房、4本~6本になって
いるようですが、約600グラムで390円という設定になっているようです。
スーパーで購入するよりは値段はお高め・・・という感じがしました。
お高めの値段には理由があり、管理費や運送料などの関係から高めの価格が設定さ
れているということです。

バナナというのはカロリーが高く、体力をつけるには良いと聞いたことがあります。
疲れたとき、体力を消耗してしまったときなど、利用するのに有難いですね。


nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて
PR
【2010/07/21 11:50 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際通信社グループの現代画報の対談取材 ニューヨークホットドッグ早食い大会で | ホーム | 報道通信社の報道ニッポンの対談記事 我慢するということ・・・>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>