忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 15:24 】 |
国際通信社グループの現代画報の対談取材 ニューヨークホットドッグ早食い大会で
この日の朝からテレビや新聞で取り上げられていた記事でした。
ニューヨークの観光地「コニーアイランド」で7月4日に、独立記念日恒例の
ホットドッグ早食い大会が行われました。観戦していた元チャンピオンの32歳男性
が警官ともみあいになり、公務執行妨害で逮捕、訴追されたというのです。
この元チャンピオンは長野県出身の日本人男性です。テレビや新聞でもホットドック
早食い大会では、よく見かける男性です。
以前では、「早食いチャンピオン」や「大食いチャンピオン」というような番組にも
出演されていた記憶があります。

この男性は今回、ホットドッグ大会の出場を見送り、最前列で観戦していたそうです。
米国人のライバルの26歳男性が10分間で54個を平らげて4連覇を果たした直後、
ステージに上がろうとして警官に制止されたそうなのです。日本人男性は抵抗して、
ステージを囲むフェンスにしがみつくなどしたために、取り押さえられて連行されて
しまったといいます。

この日本人男性の存在を知っている人は多くいるかと思います。私も以前からテレビ
で何度か見かけたことがあるのですが、厳しい契約内容を受け入れることができなかっ
たようです。本人は出場したかったのでしょうか。しかし、彼がとった行動が今回の
ようにテレビや新聞で取り上げられたということは、それだけ有名だということでしょ
う。


ますだの現代画報
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
PR
【2010/07/22 12:15 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際通信社グループの現代画報の対談取材 日本を変えてほしいという願いが込められているのでは・・・ | ホーム | 国際通信社グループの現代画報の対談取材 バナナの自動販売機>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>