忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 12:04 】 |
現代画報社の現代画報の特集 「コーヒー」による効果
雑誌「報道ニッポン」では、「健康」をテーマにした特集が紹介されているように思います。
自分の体がいつまでも健康な状態であるために、様々なことを取り組んでいる人が多いかもしれま
せん。運動、食生活、またサプリメントも利用されている人もいるでしょう。

先日、ある新聞記事に「コーヒー」による効果が載っていました。
運動によるダイエットが効率的になるという意外な効用があるということなのです。

東京のある医科大学教授の実験によると、食事から一定時間後にコーヒーを飲んで運動をすると
脂肪の燃焼量が多くなったようなのです。この教授は「コーヒーと運動を組み合わせることで、脂質
代謝の促進効果を相乗的に高めることができる」と説明していました。

以前、雑誌「国際ジャーナル」でも「メタボリック」に関する記事が紹介されていたように思うので
すが、この「メタボリック」解消の王道はまさに、脂質の燃焼なのだそうです。教授は実験結果から
食後3時間後にコーヒー、その1時間後に運動、というダイエット法を提案しました。
時間を置くのは、食後の血糖値が高い状態では脂質よりも糖質のほうが先に燃焼されてしまうから
なのだそうです。同じ理由で、コーヒーには砂糖を入れないことが大切なようです。
そして運動は、30分間続けられるような激しくはない、ジョギングや水泳などが適しているそうです。

私は、毎日コーヒーを飲んでいます。「食後3時間後にコーヒー・・・」などの間隔はあけていない
のですが、コーヒーを飲んだ後、必ず体を動かしています。運動ではないのですが、休むことなく
家の用事や買い物、必ず体は動いている状態ではあります。子供に付き合って外で体を動かしたり
もしています。
ですが私の場合は運動ではなく「家事」なので、ダイエットには効果が見られないかもしれません。




報道ニッポンを手にして
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 報道通信社の発行する報道ニッポンでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
PR
【2010/06/17 10:56 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際通信社グループの現代画報の特集 注射で骨折が・・・ | ホーム | 現代画報社の現代画報の特集 野村宏伸、離婚>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>